IDEOLの2基目の実証機 日本での浮体式 洋上風力発電実証機について

日本での実証機

2018年に設置


福島での災害後のエネルギーミックスについて再定義を模索する国である日本にとって、浮体式洋上風力発電の建設と設置は、戦略的な要件となっています。 早い段階で浮体式洋上風力発電のコストを削減することは、日本の経済産業省(METI)の優先課題の1つです。 日立造船とIDEOLの間のパートナーシップは、このダイナミックな動きを反映しています。そしてこの点に関し、NEDOは異なる浮体技術をテストするための公募を行ないました。

 

目的

2030年までの設置が望まれている商業浮体式洋上風力ファームのための、次世代浮体の検証を行なうこと。

 

IDEOLのスコープ

NEDOコンソーシアムは、コスト削減のための技術の中で最も優れていると思われるIDEOLの浮体技術を採用しました。そのため、このプロジェクトにおいて、IDEOL2基の浮体(スチール製とコンクリート製)の設計とエンジニアリングを行ない、1基の浮体の建設/設置のサポートも行ないました。

 

スケジュール

  • 設計:2015 - 2016
  • 認証(日本海事協会)と、スチール製実証機の製造:2017 - 2018
  • スチール製実証機のコミッショニング:2018
  • 容量 : 3 MW
  • 設置場所: 北九州
  • 水深: 55メートル

このプロジェクトでは、最も要求の厳しい気象条件下(台風)での浮体性能を確認するだけでなく、洋上風力のコストを大幅に削減するというIDEOLの可能性を確認することができます。

弊社のパートナー

Ideol を信頼しています。
Hitachi Zosen Ideol
Marubeni

ニュース

企業情報およびプロジェクトのアップデート

Ideol floating wind

Floatgenは2019年度の発電量6GWhを達成

フランスの大西洋沿岸SEM-Rev テストサイトで稼働をしている2MWのFloatgen浮体式洋上風力発電は、2019年下半期の発電と稼働率が、当初想定されていた発電量と稼働率を越えることが出来ました。これは、昨年7月に発表した好調な初期結果に続くものです。

もっと読む

日本沖合のイデオルの浮体式洋上風力発電が、正式に運転開始を始めました。

日本沖合のイデオルの浮体式洋上風力発電が、正式に運転開始を始めました。

NEDOは、浮体式風力発電の「ひびき」がすべての許可要件を満たし、正式に運転開始をしたことを発表しました。ひびきは2018年8月29日に北九州港から曳航され、3つの猛烈な台風(21号,24号,25号)が立て続けに来る直前に設置場所に到着しました。 イデオルの特許技術であるダンピングプールをベースにしたこの浮体式洋上風力発電は、イデオルのFloatgenプロジェクトで既に裏付けられたその優れた凌波性を確認することとなりました。この将来性が期待された実証機の建設と洋上設置は、日立造船の製作現場とイデオルの国際的に認められた設計・エンジニアリングチームとの間の広範なコラボレーションによるものであり、プロジェクトの一連において、厳しい認証要件を含む日本のすべての要件に適合することができました。

もっと読む

Floating wind ideol

IDEOLの最初の実証実験基が系統に電力を供給開始

電力ケーブルが接続され、一連の最終チェックが実施されたことで、9月18日火曜日にLe Croisic(Loire-Atlantique)から22km離れたところに設置されたFloatgen風力発電所が稼働を開始しました。

もっと読む