フランス初の洋上風力発電であり、IDEOL初の実証機

FLOATGEN(フロージェン)実証プロジェクト

2018年運転開始


IDEOL初の浮体

Floatgenは欧州内7つの企業・大学等で構成するコンソーシアムによって建設された、2MWの浮体式風力発電の視察記です。これは、Le Croisicの沖にあるEcole Centrale de NantesSEM-REV)のオフショア実験サイトに設置されています。このプロジェクトはFP7プログラムの一環として欧州連合(EU)が支援をしています。 Floatgenはフランス初の洋上風力発電です。 5000人の住民に電力が供給されています。

 

すべてのレベルにわたる革新

  • IDEOLの特許取得済みDamping Pool®浮体基礎(36m x 36m x 7.5m)は、洋上風力発電用に設計された世界で初めての浮体式バージです。
  • フランス大手ゼネコンのBouygues Travaux Publicsによって開発された革新的なコンクリート工法
  • Centrale NantesSEM-REVが運営をしている国際オフショア施設で、ヨーロッパ初の系統に接続されたの複数の海洋エネルギーテクノロジーサイト
  • このサイズでは世界初となるパーマネントの合成繊維(ナイロン)6本からなる係留システム

最高レベルの地元調達率と地元雇用を実現

部材を海外から輸入するようなスチール製浮体と比較した場合、IDEOLの浮体はコンクリートを使用したことにより、浮体の建設を設置場所に近接して行なうことができます。したがって、Saint-Nazaire港での建設は最適で当然な解決策であり、多くの地元調達と雇用をもたらしました。さらに、係留システムはブルターニュ地方にあるLeBéon Manufacturingによって製造されました。他のすべてのコンポーネントやロジスティクス活動の大部分において、FloatgenのパートナーはSaint-Nazaire近郊のサプライヤーを選択しています。

 

Saint-Nazaireでの浮体製造にあたり、70人が直接雇用され、20Mユーロがフランス企業に発注され、Tier 1サプライヤーの80%がフランス企業でした。

 

IDEOLのスコープ

IDEOLはプロジェクトコーディネーターとして、Le Croisic沖の2MWの洋上風力発電実証機の浮体設計とエンジニアリングだけでなく、建設、設置、運転、保守を担当しています。

 

スケジュール:

  • サン・ナゼール港での建設:2016-2017
  • 完成式典:20171013
  • 試運転:2018年中頃

見通し:

IDEOLの最初の浮体式洋上風力発電実証機として、将来的な展開のためのショーケースとしての役割に加え、特に建設方法、設置、オペレーションに関して、コンソーシアムのパートナーにこれ以上ない経験を提供し、今後も提供し続ける予定です。

更に詳しいプロジェクト情報は、専用ウェブサイトをご覧ください。


 

  • 容量 : 2 MW(Vestas V80)
  • 設置場所: Le Croisic(フランス)のSEM-REVテストサイト
  • 水深: 33メートル

Floatgenは商業スケールの浮体式洋上風力発電への出発点です

弊社のパートナー

Ideol を信頼しています。
Centrale Nantes
Bouygues Travaux Publics
Stuttgart university
RSK
Fraunhofer
Zabala

ニュース

企業情報およびプロジェクトのアップデート

日本沖合のイデオルの浮体式洋上風力発電が、正式に運転開始を始めました。

日本沖合のイデオルの浮体式洋上風力発電が、正式に運転開始を始めました。

NEDOは、浮体式風力発電の「ひびき」がすべての許可要件を満たし、正式に運転開始をしたことを発表しました。ひびきは2018年8月29日に北九州港から曳航され、3つの猛烈な台風(21号,24号,25号)が立て続けに来る直前に設置場所に到着しました。 イデオルの特許技術であるダンピングプールをベースにしたこの浮体式洋上風力発電は、イデオルのFloatgenプロジェクトで既に裏付けられたその優れた凌波性を確認することとなりました。この将来性が期待された実証機の建設と洋上設置は、日立造船の製作現場とイデオルの国際的に認められた設計・エンジニアリングチームとの間の広範なコラボレーションによるものであり、プロジェクトの一連において、厳しい認証要件を含む日本のすべての要件に適合することができました。

もっと読む

Floating wind ideol

IDEOLの最初の実証実験基が系統に電力を供給開始

電力ケーブルが接続され、一連の最終チェックが実施されたことで、9月18日火曜日にLe Croisic(Loire-Atlantique)から22km離れたところに設置されたFloatgen風力発電所が稼働を開始しました。

もっと読む

Ideol and STX team up

IDEOLとSTXが、次世代の洋上変電所を共同開発

IDEOLと着床式洋上風力向けの変電設備のEPCIMサプライヤとして有名なSTX Europe Offshore Energyは、画期的な浮体式洋上変電設備の開発を発表しました。この技術は、着床式の洋上風力ファームと浮体式洋上風力ファームにおいて互換性を有しております。

もっと読む