IDEOLは浮体式洋上風力発電の グローバルリーダーです。

数字で見るIdeol

つの専門性:浮体式洋上風力発電の浮体

Ideol2010年にフランスのマルセイユ近郊で設立しました。設立目的はひとつ。それは、浮体式洋上風力発電のための、技術的かつ経済的に実現可能な浮体を開発することです。

基のフルスケール実証基が、フランスと日本で設置されました。また、数ギガワット規模を見込んだ商業化プロジェクトを開発中です。

つの特許を保有しています(Damping Pool® を含む)。

 つの起業家やイノベーションに送られる賞を受賞しています。

民間の投資家や公的機関から、3000万ユーロ以上の投資を受けています。

60以上の、洋上オイル・ガスや再生可能エネルギー業界での経験豊富なエンジニアが勤務しています。

 

Ideolの浮体:それは画期的で業界を変えるテクノロジーです

ローカルコンテントを最大化すること、そして建設から設置、保守、撤去までのプロセス全体を最適化することが、会社設立時から弊社の最優先事項です。

Ideolのソリューションは、市場において圧倒的な競争力を誇る浮体技術であるとともに、最高レベルのローカルコンテントを保証し、まさに業界の変革者として認識いただいております。

 

1. 技術革新

  • 特許取得済みの、中央が開口している正方形リング形状の浮体 (Damping Pool®)は、安定性と浮体式洋上風力発電システム全体のパフォーマンスを最適化します。
  • 対象とする市場によって、コンクリート製浮体または鋼製浮体の建設が可能です。

2. 互換性

  • Ideolの浮体は、大きな改造をすることなく、全てのタイプの風力発電タービンに使用いただくことができます。
  • Ideolの浮体は、新しい港や産業インフラに大きな投資をすることなく、既存の埠頭や港湾において組み立てや建設をすることが可能です。

3. ローカルコンテント

  • 風力発電の設置場所の近くで、地元の直接雇用を創出し、浮体を現地生産することを保証できる、唯一のソリューションです。
  • キーコンポーネンツの供給による間接的な雇用を創出します。

4. コンパクト

  • 喫水深度は浅く、7~9m程度です。(風力タービンが210MWの場合)
  • 現在使用されてている風力発電タービン、そして次世代の更なる大型風力タービンに使用される浮体の中で、最もコンパクトな浮体です。

5. 発電に関するコストを削減

  • 水深35m以深において、コスト的に着床式と遜色のない浮体テクノロジーです。
  • 沖合でのコンスタントでより強い風力資源のおかげで、発電は20%増加いたします。

6. 信頼性、安全性、環境保護

  • 複数の水槽実験によって裏打ちされた包括的なシステムとしての比類なきパフォーマンス(浮体、アンカー、風力タービン)
  • 洋上オイル・ガスの業界に基づく厳格な品質・安全管理プロセス
  • 他の一般的な鋼製浮体と比較した場合、50%未満の炭素含有量

Ideolの国際的なキープロジェクト

経験豊富で多岐の専門分野にわたり活躍するIdeolのチームは、現在フランス国内外でパイロット・プロジェクト、プレ・コマーシャル・プロジェクト、そしてコマーシャル・プロジェクトの開発を行なっております。

Ideolは、フランス初の洋上風力発電であり既に大西洋に設置されたFloatgenプロジェクトの中心をなしています。201718年の日本からのFloatgen視察者は100人を超え、注目の高さを物語っております。(2017年の視察ツアーについてはこちらをご覧ください PDF

またIdeolは、日本政府による次世代浮体式洋上風力発電の実証基として選定されています。これにより、Ideolは(パートナーである日立造船株式会社からの発注により)2基の実証基(鋼製およびコンクリート製)の設計とエンジニアリングに取り組みました。鋼製の実証基20188月に完成しており、その後福岡県北九州市白島沖合の北九州港響灘地区から約15キロの、水深50メートル海域設置される予定です。

さらに、日本ではマッコーリーキャピタルの100%子会社であるアカシア・リニューアブルズと、ユーティリティースケールの洋上風力発電ファームの開発に着手することで合意し、開発を進めております。またフランスでは、地中海で最初の浮体式洋上風力発電ファームであるEOLMED プロジェクト(6MW x基)に選ばれ、設計・エンジニアリング業務に従事しております。

 

お問い合わせ

ご意見、ご質問は、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

Our technology

Our technology

Learn more

Our projects

Ideol floating offshore wind

Learn more

Any inquiry ?

Feel free to ask, we will be happy to answer.

Contact us

Our news

Corporate and projects updates

Offshore wind

Ideol raises €15 million to finance the acceleration of its international development

Ideol is pleased to announce the signing of a €15 million capital funding round, led by private equity firm Kerogen Capital (“Kerogen”), a leading energy specialist investor based in Hong Kong and London.  
This latest investment further establishes Ideol as one of the clear global front-runners in floating offshore wind. Created in 2010, Ideol has developed an industry-leading and internationally recognized floating foundation which promises to quickly become one of the most significant commercial solutions in the rapidly developing floating offshore wind industry. Ideol is already at an advanced stage of deployment with two floating wind demonstrators, built locally in France and Japan (two key markets). Ideol’s patented technology is designed to operate with both current and future large-scale wind turbines and to be the most cost-competitive solution in the floating offshore wind market. 

Read more

Ideol to team up with Acacia Renewables to develop  Japan’s first commercial-scale floating wind farm

Ideol to team up with Acacia Renewables to develop Japan’s first commercial-scale floating wind farm

French floating offshore wind leader Ideol and Acacia Renewables, a wholly owned Japanese renewable energy development platform of Macquarie Capital, signed a Memorandum of Understanding (MOU) in March aiming at developing Japan’s first utility scale commercial floating offshore wind farm.

Read more
All our news

Our events

Exhibitions & conferences

Floating offshore wind UK

  • Aberdeen

In Aberdeen, Bruno Geschier will be part of the A4 panel "The Big Blue: Global Insights from International Projects" and will answer to these questions : where does the UK sit in the global race to develop and commercialise floating offshore wind? What are the lessons that can be learned from developing and operating in different regulatory regimes and technical environments around the world?

Read more

Wind Energy Hambourg

  • from
    to
  • Hambourg

Ideol will exhibit at the world’s leading expo for wind energy, WindEnergy Hamburg. Bruno Geschier has also been invited to speak at the global conference of WindEurope on Friday 26 September.

Read more
All our events